色彩検定とカラーコーディネーターの比較

  • コメントは受け付けていません。

この記事は2分で読めます

色彩1

色彩検定とカラーコーディネーターの比較をしてみました。

色彩検定とカラーコーディネーター検定試験はどちらも色彩に関する知識についての試験です。

それぞれ年2回のテストが実施されtています。(1級はどちらも冬の試験だけです)

受験資格も年齢制限もありません。

試験日は別の日ですので両方の試験を受けることもできます。

試験概要

 

色彩検定

カラーコーディネーター

認定団体

社団法人全国服飾教育者連合会(AFT

東京商工会議所

受験資格

特になし

特になし

年齢制限

なし

なし

試験地

全国

全国

スケジュール

2回(ただし1級は年1回)

2回(ただし1級は年1回)

合格ライン

70%前後(難易度により異なる)

70

 

費用の比較

2013

色彩検定

カラーコーディネーター

受験料

テキスト

過去問

受験料

テキスト

過去問

3

5,000

2,835

2,940

5,100

2,940

1,890

2

10,000

3,150

7,140

4,935

2,310

1

15,000

4,200

9,180

7,835

2,100

検定料は色彩検定の方が高いですが、カラーコーディネーターは1級が3つに分かれていますので、
すべてを受けるとカラーコーディネーターの方が割高になります。

受験者数と合格者数

2012

色彩検定

カラーコーディネーター

 

受験者数

合格者数

合格率

受験者数

合格者数

合格率

3

33960

22917

67%

10986

5011

46%

2

15786

8884

56%

6419

1293

20%

1

2885

931

32%

1012*

171

17%

*1級は3分野合わせた合計数

受験者数は色彩検定の方が多く、また合格者数も多く、合格率も色彩検定の方が高い。

色彩検定の方が人気が高く、合格しやすい試験でと言えるでしょう。

 

取得資格と合格者称号

 

色彩検定

カラーコーディネーター

取得資格

合格者称号

3

3級色彩コーディネーター

アシスタントカラーコーディネーター

2

2級色彩コーディネーター

2級カラーコーディネーター

1

1級色彩コーディネーター

1級カラーコーディネーター「ファッション色彩」

1級カラーコーディネーター「商品色彩」

1級カラーコーディネーター「環境色彩」

色彩検定は色彩コーディネーターという資格が取得できます。

カラーコーディネーター検定試験では、カラーコーディネーターという称号が得られます。

  • 2013 08.23
  • コメントは受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. a1R0018819

    2013 07.20

    色彩検定とは

  2. kyu1mage
  3. 色彩1
  4. 過去問題集
  5. a1R0018819
  6. 4色
コメントは利用できません。