色彩検定1級受験スケジュールと概要

  • コメントは受け付けていません。

この記事は2分で読めます

色彩検定

色彩検定スケジュール

2013年度 冬期検定(全級実施) は 11月10日(日曜日実施されます。
申込期間              8月26日(月)~ 10月3日(木)
※インターネット申込みは10月10日(木)まで受付

試験日      3級・2級・1級  11月10日(日)【1級2次】 12月15日(日)

受験票発送                                         10月下旬
1級1次合否通知・1級2次受験票発送    12月上旬
2級・3級合否通知発送                        12月下旬
1級2次合否通知発送                            1月下旬
合格証書・資格証発送                         2月中旬

1時試験と2次試験のあいだはほぼ1ヶ月しかありません。

1次試験の合格通知は12月上旬ですので、1次試験の結果を待っていては
2次試験の準備は間に合いません。

できれば、1次試験と並行して2次試験の勉強をしていくことが必要です。

試験の概要

1次試験は公式テキストに従った内容で、色彩についての知識を図るテストです。

内容は

問題は大体15~16問あり、そのうち1問が記述式、

問題の半分弱が4つの記述に対して最も適切なもの又はる適切なものを選ぶ問題

残りが文章の空欄に当てはまるものを4つの中から選ぶというものです。

記述式以外はマークシートになっています。

全部でおおよそ200点満点の約70%が合格となります。

(配点によって200点満点でない時もあります。)
2次試験は実技試験です。

色彩についての知識と応用力を試すという目的で、カラーカードを使って

配色などについての問題を解いていくことになります。

色彩検定は「PCCS色相環」と「トーン」を使った「ヒュートーンシステム」に基づいた試験です。

色についてはたくさんの表示の方法があります。例えばマンセル表色系・オストワルト表色系・NCS・CIE XYZ表色系・慣用色名などがあります。

色の配色をいろいろな法則や原理に基づいて決め、それを色彩検定での共通後である「ヒュートーンシステム」で表現して答えることが2次試験の最大のポイントです。

それをカラーカードを使って示す試験といえます。

 

  • 2013 09.02
  • コメントは受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 過去問題集
  2. 色彩1
  3. kyu1mage
  4. 勉強中
  5. aR0018786
  6. a1R0018819
コメントは利用できません。